ブラストについて

ブラスト加工とは、ブラスト材料(各種研磨材等の粒)を、圧縮空気で製品の表面に吹き付け、もしくは回転翼で連続して投射し、表面の錆・汚れの除去を行う表面処理方法です。多くの産業分野で利用されていますが、用途としては塗装・メッキ・溶射の下地処理(スケール・錆・汚れの除去)、塗装はがし、サビ落とし、粗面化、化粧仕上げ、バリ取り、ショットピーニング等があります。

 

ブラスト材料としてはスチールグリット、スチールショット、カットワイヤー、アルミナ、ガラスビーズ、珪砂等があり、当社では主としてアルミナを使用しています。実際の加工にあたっては用途に応じた適切な材料・方法を選択することが非常に重要です。

 

使用する材料により、サンドブラスト、ショットブラスト、アルミナブラスト、ガラスビーズブラスト(GBB処理)と呼び分けますが、サンドブラストおよびショットブラストと言う呼び方は必ずしも使用する材料を特定するものでなくブラスト加工全般をさす場合も多く、発注する場合は確認が必要です。

 News & Topics

施工例 

大船渡市魚市場部材

亜鉛アルミ溶射・封孔処理

東日本大震災・復興支援工事

 

青森県 八戸工場 桔梗野工業団地

船舶部品

グリッドブラスト後 塗装 

 

お問い合わせ

会社案内

 

 

横浜メタライズ株式会社

http://www.yokometa.co.jp/

八戸工場

〒039-2246
青森県八戸市桔梗野工業団地2-10-46
TEL.0178-20-5109
FAX.0178-20-5103